オーソリティ空調
AUTHORITY | since 2010

NEWS

空調工事って何をするの?現場に潜入調査!~歌舞伎町編〜(後編)

2020.03.31 社内情報

空調工事って何をするの?現場に潜入調査!~歌舞伎町編〜(後編)

コナカ、引き続き新宿・歌舞伎町の現場に潜入調査中です!

>>>前編はこちら!

 

現場は引き渡し間近のようで、他の職人さんたちも仕上げの段階のようです。

大工さん「空調ばっかり撮っていないで、こっちも撮ってよ!」

コナカ「はーい!()

ところで今は何をされているんですか?」

大工さん「床を張っているんだよ!デザインがあるからさぁ、切って張るんだよ。」

コナカ「すごーい!繊細な作業ですね!」

 

職人さんとの会話や、素晴らしい技術を間近で見ることが出来て、新鮮で楽しい調査が続きます。

繊細な作業と言えば、エアコンの水を流すドレン配管もミリ単位の設置です。

水を排出するため、1mで1cmずつ下がるように計算して設置するそうです。

 

言われてみると、確かにゆるやかな傾斜があります。

こんなルールがあることにも気が付きませんでした。

 

今回の現場は終了間近ということもあり、空調設備も出来上がった部分が多かったです。

その中でも「木のダクト」初めて見る工具」には普段見慣れないものでテンションが上がり、好奇心でウズウズしながら職人を羨ましく眺めるばかりでした。

 

しかし、慣れた様子の職人には、私と心躍るポイントが異なるようでした。

そこで!

 

\\空調職人目線での萌えポイントを調査!!//

プロの萌えポイント①「職人技が光る!角度45度のダクト!」

プロの萌えポイント「急遽の変更にも対応!パーツを加工し壁にはめる職人技!」

 

どちらも「高い技術を持つ職人だからこそ出来る技」とのこと。

その工程を是非見てみたかったです!

 

また、キャンバステープの巻きのキレイさにも感激しましたが、実際にテープを巻いているところすらもまだ見たことがないので、今後の調査項目といたします!

1つの店舗の完成までには、様々な職人さんの技術が詰まっていることを実感しました!

 

これにて歌舞伎町の潜入を終了します。

 

また次の現場でお会いいたしましょう!!


オーソリティー空調では、みなさまが心地よい空間で過ごせるよう徹底したサービスをご提供しております。

 

お問い合わせはこちら