オーソリティ空調

AUTHORITY | since 2010

NEWS

業務用エアコンでできる加湿の方法とは?

2021.09.24 空調機器導入ノウハウ

業務用エアコンでできる加湿対策とは

冬が近づくと気になるのが部屋の乾燥。

この記事では加湿の種類やメリット、業務用エアコンでできる加湿の方法について解説します。

加湿の種類

加湿の種類

室内を加湿したいときには、加湿器のような電化製品で行うことが近年主流になっています。一口に加湿といってもその方法はさまざまで、加湿方法によってメリットやデメリットもあります。

ここではいくつかの加湿方法をご紹介していきます。

気化式加湿

気化式の加湿は、加湿エレメントと呼ばれるフィルターに水を浸透させ、そこへ風を当てて水を蒸発させることで空間を加湿します。

コップの水が蒸発するような、自然な蒸発作用を行うため、あまり早く加湿できないというデメリットがあります。

しかし、ヒーターを使用せず、風を当てるだけなので消費電力が抑えられる点はメリットもあります。

注意する点としては水を沸騰させないため、カルキ汚れや雑菌が繁殖しやすくなります。

そのため加湿エレメントは定期的な交換が必要です。

蒸気式加湿

蒸気式の加湿は一次蒸気スプレー式と二次蒸気スプレー式、電力利用型蒸気発生器の3つに大きく分けられます。

一次蒸気スプレー式

一次蒸気スプレー式とはボイラより熱源として供給される高圧蒸気を利用して加湿を行います。

そのため、蒸気加湿器には蒸気が必要となり、利用場所が工場など限定されてしまいます。

二次蒸気スプレー式

二次蒸気スプレー式も同様に、ボイラより熱源として供給される高圧蒸気を利用して加湿を行います。

一次蒸気スプレー式との違いは、蒸気を直接空気に拡散するのではなく、蒸気を利用して水を加熱し蒸発させるという間接方法をとることです。

電力利用型蒸気発生器

電力利用型蒸気発生器とは文字通り電気を利用して水を加熱し、沸騰した際の蒸気で加湿します。

後述するパン型加湿器も蒸気式加湿に分類されます。

パン型加湿

パンとは蒸発皿のことで、蒸発皿の中の水をヒーターで加熱・沸騰させ、蒸発した水分を空気中に拡散します。

主にパッケージエアコンやダクト内などに装着して加湿を行います。

ヒーターを用いるのでパワフルに加湿できますが、加熱するために電気代が多くかかるのがデメリットです。

水スプレー式加湿

水スプレー式加湿は、霧吹きに似ています。

常温の水を非常に微細な水滴として霧状にし、それを噴出します。

すると部屋の気流と熱交換が起きて水が蒸発し、部屋が加湿されます。

加湿のメリットとは

加湿のメリットとは

機械を使って加湿を行い部屋の湿度を高めることによって、以下のようなメリットがあります。

風邪やインフルエンザの予防

乾燥すると肌や粘膜のバリア機能が弱まります。

そのため空間が乾燥しているだけで風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

これらのウイルスは水分を含んでいますので、空気が乾燥した環境では、水分が蒸発してウイルスが軽くなり、比較的長い時間、空気中を漂うことができるようになります。

気温と湿度が低くなる冬は、「人のバリア機能の低下」と「ウイルスの活性化」の2つの理由から風邪やインフルエンザにかかりやすくなるわけです。

つまり加湿を行うことでウイルスは空気中の水分を取り込み、重くなるため、長時間空気中に漂うことができなくなります。

このことから、加湿をすることで人のバリア機能を正常に保ちつつ、ウイルスも働きづらい環境にすることができます。

▼参考文献 エステー 冬になると、風邪やインフルエンザが流行するのはなぜですか?
https://products.st-c.co.jp/plus/question/answer/14.html

暖房効果を向上させる

加湿とは「湿度を高めること」だけを指すため、加湿をしたからといって必ずしも室温も上がるわけではありません。

しかし、湿度によって体感は大きく異なります。湿度が高い方が人は暖かいと感じるためです。

そのため、実際に室温が上がっていなくても、加湿を行うことで実質的に暖房効果を高めることができるのです。

もちろん暖房と併用すればその効果はさらに大きくなります。

実は部屋を暖めるため使用している「暖房」は、室温は上がりますが湿度は下がってしまいます。

空気は暖かいほど多くの水分を含むことができるという性質を持っています。

暖房によって空気が暖められると、空気は膨張し含むことができる水分量は多くなります。

しかし、暖房は水分を供給するものではないので、空間中の水分の絶対数に変化はありません。

湿度は部屋の水分量ではなく、空気中を占める水分の割合で決まりますので暖房を使用すると湿度が下がってしまうわけです。

そのため、加湿ができるエアコンを使用したり、エアコンとは別に加湿器を設置したりすることは、暖房効率を考えると非常に理にかなった行動といえます。

業務用エアコンでできる加湿方法

業務用エアコンでできる加湿対策

店舗やオフィスのような広い空間では、家庭よりも湿度調節が難しくなってしまいます。

そのため、業務用の加湿器を設置するのが好ましいです。

自然蒸発式加湿器

通常、業務用エアコン自体に加湿機能が付いたものはありませんが、天井内に埋め込むタイプなど、一部のエアコンであれば別途オプションで加湿器を付けることができます。

また、ごく一部の特殊な機種には加湿機能がついているものがあります。部屋の用途によってはそれらを使用するのも1つの選択肢です。

業務用エアコン以外にできる加湿方法

業務用エアコン以外にでもできる加湿対策

業務用エアコンや全熱交換器でも加湿できるものがあります。

家庭用エアコン うるるとさらら

人の出入りが少なく、それほど広くない空間や、ご家庭での使用ならダイキン社の「うるるとさらら」シリーズがおすすめです。

通常の家庭用エアコンは換気ができないため、室内の空気と、外気の入れ換えは起こりません。

しかし、うるるとさららは外気を取り込む方式になっています。

うるるとさららは、室外機に搭載された加湿ユニットが屋外の空気を取り込む際に水分だけを取り出して部屋の加湿に利用する仕組みになっていますので、従来の加湿器のように水を補給することなく暖房時に部屋の加湿ができます。

全熱交換器

天井埋め込みタイプ以外のエアコンを使用している場合や、家庭用エアコンではまかなえないといった場合には、加湿機能付きの全熱交換器を設置するという選択肢があります。

全熱交換器(高機能換気設備)は、外気を取り入れる「給気」と、空気を外に出す「排気」がセットになったものです。

▼全熱交換器についてはこちら

”高機能換気設備”を導入したい!その効果や能力とは?
”高機能換気設備”を導入したい!その効果や能力とは?
オフィスや店舗などの空気か滞留すると臭いが籠るだけでなく、室内の空気も淀みスタッフや来客者も呼吸がしにくく不快に感じることになります。 快適に室内で過ごすためには適切な換気が欠かせないため、汚れた空気を外に排出してきれい […]

夏は室内の冷えた空気を利用して入ってくる外気を冷やし、冬の寒い季節では暖まった室内の空気を利用して、冷たい外気を暖めてから室内に入れる仕組みになっています。

そのため、室内の温度を保ったまま窓の開け閉めを行わずに換気ができます。

冬は湿度対策とともに換気も重要になるので、加湿機能が付いている全熱交換器を利用するのもオススメです。

まとめ

乾燥しやすい冬は、しっかりと加湿を行うことが重要です。

加湿機能つきのエアコンや全熱交換器などを使って暖房効果を高めつつ、ウイルス対策も行うことをぜひ検討してみてください。

加湿や換気でお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。