オーソリティ空調
AUTHORITY | since 2010

NEWS

【湿気対策】梅雨など湿気が多い日に効果的な換気と除湿の方法とは?

2020.07.08 トピックス

TOP

梅雨などの湿気の多い時期は、屋外だけでなく屋内も湿度が非常に高くなりがちで、ジメジメとした不快感を感じやすくなりますよね。


湿気は不快感を与えるだけでなく、放っておくとカビが生えて体調にも悪影響を及ぼす可能性があります。


室内がカビの温床にならないように湿気対策はしっかりと行いたいものです。


今回は、雨の多い時期に起こりやすいトラブルやお部屋の湿度を快適に保つ方法などを詳しくご紹介します。




◎梅雨や湿気の多い時期に起こりがちなトラブル


image01 

日本の夏は世界的に見ても湿度が高く、日本気象協会が発表している世界のジメ暑ランキング(7〜8月)では4位に大阪、5位に東京がランクインするほどです。


関東近郊では5月中旬から7月下旬にかけて曇りや雨の日が多くなりますが、1年の中でも特に多湿な梅雨の時期があることがジメジメを感じてしまう主な要因です。


また、気温と湿度が高いとジメジメとした不快感に見舞われるだけでなく、熱中症やカビの発生などの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。


室内の空気と外気との温度差で結露がおこり、結果的にカーテンや家具にカビが発生してしまうのですが、実は結露が起こるのは目に見える部分だけではありません。


壁や床、天井の中で結露が起こる場合もあり、家の柱など目に見えない箇所が腐る原因にもなっていますので、何としても発生を防ぎたいところです。


 
image02 

また食品にも影響を及ぼすため、他の時期よりも傷みやすくなってしまいます。


とくに食パンや蓋つきの調味料など、普段からカビが生えやすい食品の保存方法には、湿気が多い時期ならではの工夫が必要になってくるでしょう。


空は晴れているのに洗濯物が乾きにくいなど、湿気の多い時期は家事により多くの時間を取られてしまう傾向があります。


5月〜7月の雨が多い時期は、オシャレに関して悩んでいる方も多いと思います。


湿度は60%を超えると不快に感じられ、気温以上に暑く感じてしまう要因になっていますので、室内と外の行き来を考えると服装選びが困難になってしまいがちです。


また湿度の高さが整えたヘアスタイルが崩れる原因になる場合もあり、せめて室内だけでも快適にストレスフリーで過ごしたいものです。


 

◎湿度の上昇による体調不良


image03 

湿度の上昇とともに体調に悪い変化を感じてしまう方もいます。


梅雨や雨の多い日が続くと、ジメジメとした不快感を感じるのはもちろんですが、だるさやむくみ、頭痛、食欲の減退など、身体の不調で悩んでいる方は周りにいませんか。


その不調の原因は「湿気」かもしれません。


日本成人病予防協会では、湿度が高いと体内の水分を外にうまく排出できずに、消化不良をきたしやすくなり、むくみの原因にもなっているとしています。


また、人が不快だと感じる湿度と気温から求めた体感温度の指標として「不快指数」というものがあります。


この指数が77を超えると、多くの人が不快に感じるようです。


不快指数-高精度計算サイト『keisan』


試しに梅雨時期のデータで見てみると、梅雨時期の平均気温は28度、湿度は78%前後ですので不快指数は79.4となり、多くの方が不快に感じているということがわかりました。


 
image05 

では、人にとって快適な湿度はどの程度が理想とされているのでしょうか。


これは季節によって若干違いが出てきますが、梅雨や夏の時期には60%以下に抑えると不快指数も77を割ってきますので、快適に感じられるようです。


また、冬場に快適と感じる湿度は50%程度ですが、お肌に良い湿度は60%から65%と言われていますので、目的に併せて調節できるようにしたいですね。


ここでの結論としては、室内の湿度は1年を平均して50%前後に保つのが良さそうです。


 

◎湿度を下げるための方法


image06 

部屋の湿度を下げるために簡単にできるのが換気です。


換気で最も手軽な方法は窓を開けることですが、窓を開けるだけでなく屋外に向けて扇風機やサーキュレーターを同時に使うと効果的に換気ができるようになります。


換気と同時に部屋の温度も下げられるため、夏の暑い日や湿気対策にとても効率的です。


また、開放する窓の数や換気扇の設置場所によっては、より効率的に換気ができる場合もあるため、雨の日や梅雨の時期で窓を開けられない方でも、なるべく部屋の空気を動かすようにすると良さそうです。


 
image07 

湿度を下げる方法の2つ目は除湿を行うことです。


多くの家庭用エアコンには除湿(ドライ)機能が備わっているので、この機能を使用してエアコンで除湿をするのが最も手軽な方法です。


湿度を下げるために除湿機を使用するという方法もありますが、一般的な除湿機であれば使用時に温風が出るため、室温を1〜8度ほど上げてしまう可能性があります。


洗濯物をピンポイントで乾かす目的や、冬場であれば除湿機もオススメですが、梅雨の時期など夏場に冷房を付けながら室温が上がる除湿機の使用は避けた方が電気代の節約にもなります。


このことからも、エアコンでも比較的消費電力の少ない弱冷房除湿を使用し、扇風機などで空気を動かすのが最適な除湿方法だと言えます。


 

◎効果的な換気による湿気対策


image09 

室内に外気を取り入れることで、部屋の中に滞留していた空気や湿気を外に出すことができます。


効果的な換気を行うためには、部屋の中に空気の流れを作ることが重要になってくるため、対策の一例をご紹介します。


空気の流れを作るために必要なのは、窓やドアを2か所以上開放する方法や、窓を開けながら換気扇を回すことです。


このような換気方法に併せて、扇風機やサーキュレーターなどの送風機器を室外に向けて使用することで、通常では空気が滞留してしまっていた空間の空気を動かすことができ、結果的に梅雨などでのカビや悪臭の発生を防ぐことに繋がります。


また空気を動かす際は、空気がどこから入ってどこから出ていくのかをイメージすると空気を動かすべき方向が分かりやすいのではないでしょうか。


 

◎雨の多い時期には換気と除湿が重要


image08 

室内の温度や湿度が高く、部屋の中に居ても過ごし辛い日には換気と除湿をこまめに行うことが効果的です。


どうしても湿気がこもりがちな梅雨時期や雨の日ですが、そのままにしておくと家具や食品などにカビが発生したり、体調不良に陥る原因となってしまいます。


外気を取り入れるだけでなく、室内の空気を部屋の外に出すように空調機器を使用することで、カビの抑制や体調不良の改善につながることもありますので、ぜひ実践してみてください。


ジメジメとした雨の日や梅雨の時期を少しでも快適に過ごすため、まずはできる範囲で換気と除湿を行うことがオススメです。


 


オーソリティー空調では皆様が心地よい空間で過ごせるよう、「最適な空気」をご提供しております。


▶︎ お問い合わせはこちら ◀︎